食道の病気

食道について

口から入った飲食物はのどから食道を通って胃に届くので、食道は口から入ってくるものの温度や刺激をダイレクトに受ける場所です。体幹は胸部と腹部に分けられ、横隔膜で隔てられています。食道は長さが約30㎝あって、胸部から腹部にある胃につながっています。横隔膜には食道が通るための食道裂孔があります。主な食道疾患には、逆流性食道炎、食道がんがあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎胃と食道の間には括約筋が強く締め付けて逆流を防いでいますが、筋肉が弱くなって胃の内容物が逆流を起こすことがあります。食道には強い酸性の胃酸から粘膜を守る機能がないため、逆流を繰り返したり、逆流したものが長時間食道にとどまったりすることで粘膜に炎症を起こします。逆流性食道炎は胃の内容物が逆流したことによって食道粘膜にただれや潰瘍が生じている状態です。主な症状には、胸焼け、酸っぱいものが口まで上がってくる呑酸、のどの違和感、吐き気、咳などがあります。
逆流性食道炎は、加齢で括約筋の筋力が衰えて発症するケースが多かったのですが、近年は比較的若い世代にも増加傾向にあります。これは脂肪やたんぱく質の多い食事によって胃酸分泌が過剰になったことが関係していると考えられています。また腹圧の上昇も逆流を起こしやすくするため、猫背などの姿勢やウエストを締め付ける衣類といった生活習慣も発症や進行に関わっています。こうしたことから、再発を繰り返すことが多いのですが、食道は長期間に渡って炎症が続くと食道がん発症のリスクが上昇してしまいます。症状自体は薬物療法で改善できますが、再発を繰り返さないためにもしっかり治療を続け、生活習慣を改善することが重要です。

逆流性食道炎の詳細はこちら

食道がん

初期には自覚症状がほとんどなく、進行すると飲み込みにくさ、つかえ、違和感、チクチクする感じ、しみるなどの症状を起こし、さらに進行すると咳、声のかすれ、血痰、体重減少、胸や背中の痛みなどを起こします。食道粘膜は薄く転移を起こしやすいためQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るためにも早期発見が重要です。早期発見が可能なのは胃内視鏡検査だけですから、自覚症状のない段階で検査を受ける必要があります。
食道がんのリスク要因は喫煙や飲酒であり、逆流性食道炎で慢性的な炎症が続くとがんを発症しやすくなります。食道がん発症のリスクが上昇しはじめるのは40歳を超えた頃ですから、リスクのある方は症状がなくても40歳を超えたら胃内視鏡検査を受けるようおすすめしています。

胃カメラ検査はこちら

食道カンジダ症

カンジダは真菌というカビの1種で、皮膚や粘膜にいる常在菌ですが、免疫力が低下した時に食道粘膜に感染を起こすことがあります。食道に感染するとカンジダが増殖して炎症を起こし、胸焼け、飲み込む際の違和感や痛み、つかえ、しみる感じといった症状を生じさせます。内視鏡で観察すると食道粘膜が白い苔のようなもので覆われているように見えます。免疫力が戻れば自然に治ることもありますが、治療が必要な場合には抗真菌薬を用います。

食道裂孔ヘルニア

体幹は横隔膜を境にして胸部と腹部に分かれています。食道は胸部から腹部にある胃につながっているため、横隔膜には食道が通るための食道裂孔があります。この食道裂孔から胃の上部が胸部にはみ出してしまっている状態が食道裂孔ヘルニアです。食道裂孔は加齢などによってゆるみやすくなるため、高齢になると食道裂孔ヘルニア発症のリスクが上がります。食道裂孔ヘルニアがあると胃の内容物が食道に逆流しやすくなるため、逆流性食道炎があって調べてみると食道裂孔ヘルニアが発見されることがあります。食道裂孔ヘルニア自体は症状がなければ特に治療の必要はありません。ただし逆流をたびたび起こして症状が重い場合には手術を行うこともあります。

TOPへ