外科

当院の外科治療について

当院の外科治療について当院では、一般外科診療を幅広く行っています。日常的なケガややけど、捻挫・打撲、トゲ・釘などの異物刺入、術後の創部ケア、粉瘤・脂肪種など皮膚のできものや皮下腫瘤の小手術といった外科処置や治療などに対応しています。痛みなどの不快感を低減し、できるだけきれいに治るよう丁寧に処置を行っています。専門的な検査や治療が必要と判断された場合には、連携している高度医療機関をご紹介しています。

当院の一般外科診療で対応している疾患や症状

  • 外傷(切り傷・擦り傷・咬傷といったケガややけどなど)
  • 異物刺入(トゲや釘が刺さったなど)
  • 捻挫
  • 打撲
  • 皮膚のできもの
  • 皮下腫瘤 など

粉瘤(アテローム)と脂肪腫(リポーマ)

どちらも良性ですが、適切な手術を行わないと再発を繰り返してしまいます。

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)皮膚の内部に皮膚と同じ構造の袋ができて、そこに老廃物がたまる良性腫瘍です。サイズが大きくなったり、炎症を起こしたりすることがあり、手術でしか治すことはできません。できるだけ小さいうちに治療を行うことで痕を残さずきれいに治せる可能性が高くなります。
局所麻酔で袋状の組織もきれいに摘出します。炎症を起こしている場合には、抗生物質などで炎症を鎮めてから手術を行うこともあります。

粉瘤の原因

はっきりとした原因がわかることは少ないのですが、ヒトパピローマウイルス感染、ピアスや外傷などによって生じることがあります。

粉瘤の症状

触れた時に硬いしこりがあるように感じます。ニキビと勘違いされることが多いのですが、ニキビと違い自然治癒することはありません。放置するとサイズが大きくなりやすく、独特の臭気を出すこともあります。粉瘤が皮膚内部で破れたり、細菌感染を起こすと化膿して大きく腫れることがあります。痛みや熱感、赤み、腫れなどを起こします。炎症や化膿は抗生物質によって鎮めることができますが、粉瘤自体は手術で摘出しない限りなくなることはありません。

脂肪腫(リポーマ)

皮膚下で脂肪が増殖する良性腫瘍です。ただし、サイズが大きい場合、形がいびつな場合、そして腕や脚にできた場合には悪性の可能性があるため、早急な受診が必要です。診断は超音波検査などによって行います。サイズが小さいものは局所麻酔による摘出が可能です。

脂肪腫の原因

成人しても毛細血管周辺に未分化細胞が残っていることがあり、それが増殖して脂肪種になるとされています。刺激を受けやすい場所にできる傾向はありますが、発生の原因はよくわかっていません。脂肪種の約80%は染色体異常を持っているとされているため、遺伝子異常が関わって分化や増殖を起こしていると考えられています。それほど頻度は高くありませんが多発することがあります。

脂肪腫の症状

皮膚のふくらみやしこりは、粉瘤よりやわらかく感じられることが多くなっています。サイズもさまざまであり、ほとんどの場合は症状を起こしません。

外傷

皮膚表面が傷付いて内部の組織が露出しています。細菌感染を防ぐためには、迅速に適切な処置を行うことが重要です。以前は消毒液などを使った治療が主流でしたが、ダメージを受けた皮膚に強い刺激を与えてしまうため、かえって治癒を遅らせてしまうことがわかっています。こうしたことから、現在では傷口を水道水で洗ってきれいにすることが重要視されています。当院ではできるだけ痛みを緩和できて、しかもきれいに治せる処置を心がけています。

TOPへ