血便・便秘・下痢

便の状態について

血便、下痢、便秘といった便の異常はさまざまな大腸疾患によって起こっている可能性があります。こうした症状がある場合には、受診していただき原因をしっかり調べることが重要です。

血便とは

血便見た目でわかる血便にも、鮮やかに赤い血液が付着しているもの、全体が赤っぽいもの、黒いタール便、血液だけでなく粘液が混ざっているもの、拭いたペーパーに付着するものなどがあります。また、肉眼では確認できないほど微量の血液が混じっている場合も血便に含まれ、これは便潜血検査で確認できます。
血便を起こす疾患には、大腸がん、大腸がんの前がん病変である大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病のような難病指定された炎症性の消化器疾患、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がん、いぼ痔(内痔核・外痔核)、切れ痔(裂肛)などがあります。早急に適切な治療が必要な疾患もありますし、そうではない場合もできるだけ早く治療を受けることで楽に治すことができます。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るためにも、血便に気付いたら早めに消化器科を受診してください。

血便の原因

肉眼で確認できる血便は、見た目を観察することである程度ですが出血を起こしている場所が推測できます。赤く鮮やかな血液が混じっている場合は肛門に近い部分からの出血が疑われますし、黒っぽくなるにつれて肛門から遠い場所で出血している可能性が高くなり、黒いタール便は胃や十二指腸などの上部消化管からの出血が疑われます。また、粘液が混じる場合には、感染症の可能性があります。そして、便潜血検査陽性の場合は、痔、大腸がん、大腸ポリープなどが疑われます。

大腸カメラ検査はこちら

血便から考えられる疾患

肛門疾患 切れ痔(裂肛)・いぼ痔(痔核核)
胃・十二指腸疾患 胃潰瘍・胃がん・十二指腸潰瘍
腸疾患 虚血性腸炎・大腸憩室出血・薬剤性腸炎・感染性腸炎・放射線性腸炎・潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸ポリープ・大腸がん

血便の種類

鮮血便 鮮やかに赤い血液が便に混じっている状態で、便器や拭いたペーパーに血液が付着している状態も含まれます。。肛門や直腸から出血している可能性があります。
粘血便 血液に加え、ゼリー状の粘液が便に付着している状態で、感染症、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患の可能性があります。
暗赤色便 全体が暗赤色です。大腸の奥などで出血し、経過時間が長くなって血液が古くなって沈んだ色になります。さまざまな大腸疾患の可能性があります。
黒色便 全体が黒くドロッとしたタール状の便で、胃や十二指腸などからの出血で起こります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんなどの可能性があるため、胃内視鏡検査が必要です。出血が多い場合には胃内視鏡検査時に止血処置を行います。

検査

直腸診

肛門や直腸の状態を調べる検査です。腫瘍や痔核などの有無、出血の有無とその色や量などを確認します。

胃内視鏡検査

タール便は、胃などの上部消化管からの出血によって起こっている可能性が高いため、胃内視鏡検査を行って粘膜の状態を調べます。出血が多い場合は、検査中に止血処置を行います。また、血液検査で貧血の有無を確認することも重要です。

胃カメラ検査はこちら

大腸内視鏡検査

大腸粘膜に病変がないかを調べます。大腸がんや前がん病変であるポリープをはじめ、幅広い大腸疾患の病変を確認でき、組織を採取して病理検査を行うことで確定診断につながります。正確な状態を把握できるため、適した治療が可能になります。また、前がん病変であるポリープが検査中に発見された場合は、その場で切除する日帰り手術が可能です。これによって将来の大腸がん予防につながります。

胃カメラ検査はこちら

血便の対処法

血便は大腸がんや難病指定されているクローン病・潰瘍性大腸炎など、早急に適切な治療が必要な疾患によって起こっていることも多いため、できるだけ早く受診してください。また、血便だけでなく、発熱、吐き気・嘔吐、腹痛などの症状をともなっている場合は、緊急の処置が必要な可能性が高いため、すぐに受診してください。

血便の予防

ピロリ菌の除菌治療

タール便がある場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしている可能性があり、その主な原因にはピロリ菌感染があります。ピロリ菌感染が陽性の場合、除菌治療を成功させることで潰瘍の再発を予防することができ、血便の予防になります。

ピロリ菌の検査・除菌はこちら

薬の処方

薬の処方タール便を起こす胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、解熱鎮痛薬(NSAIDs)の服用の副作用として生じていることがあります。その場合には、処方の変更によって血便の再発が防げます。

便秘の治療

便秘があると硬い便を無理にいきんで出すため、切れ痔やいぼ痔になりやすく、それによって排便時に出血して血便を起こします。切れ痔は特に便秘との悪循環を起こしやすく、進行すると何度も切れた傷が瘢痕化や線維化を起こして肛門が狭窄し、排便できなくなることもあります。便秘は日常的な症状で慢性化しやすいのですが、消化器科の専門的な治療によって解消が可能です。そして便秘を解消することでいぼ痔や切れ痔も再発しにくくなります。

定期検診

定期検診血便を起こしたことがある場合、その後特に症状がなくても定期的な検診が不可欠です。内視鏡検査を定期的に受けることで早期がん発見が可能になり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を保ったまま完治させることも可能です。
胃内視鏡検査では組織を採取してピロリ菌感染の有無を確かめることができ、陽性の場合には除菌治療によってピロリ菌を除去して胃や十二指腸のさまざまな疾患を予防できます。炎症を進行させて胃がんリスクの高い萎縮性胃炎にならないためにも除菌治療は有効です。
大腸内視鏡検査では、前がん病変の大腸ポリープを発見したその場で切除できるため将来の大腸がん予防にも役立ちます。
胃がんや大腸がんは罹患者数が多く、がんによる死亡者数でも上位を占めていますので、定期的な内視鏡検査による予防や早期発見が有効です。

便秘・下痢

日常的によくある症状ですし、慢性的な便秘や下痢があっても体質と捉えているケースも少なくありません。ただし、こうした便通の異常は深刻な大腸疾患によって起こっていることもありますし、アレルギーや腸内細菌叢のバランスが崩れて生じていることもあります。さらに大腸のねじれなど形状が原因で生じている場合もあります。こうした症状が続くことでさまざまな大腸疾患や肛門疾患の発症リスクを上昇させてしまいます。
便秘や下痢が続く場合には、当院を受診していただきしっかり原因を調べ、適切な治療を受けて解消し、快適な生活を取り戻しましょう。

便通異常による影響

下痢や便秘といった便通異常は慢性化しやすいのですが、便通異常が続くとさまざまな大腸疾患や肛門疾患の発症リスクが上昇してしまいます。また、腸内細菌叢のバランスや腸の働きが全身の健康や肥満などにも大きく関わっていることが最近の研究で次々にわかってきています。便通を改善して腸の働きを正常化させ、腸内細菌叢のバランスを整えることは、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上にも大きく役立ちます。
当院では慢性的な便秘や下痢でお悩みの方が快適な生活を取り戻せるよう、適切な検査によって原因を確かめ、原因やお悩みの内容、ライフスタイルなどにきめ細かく合わせた治療を行っています。繰り返す便秘や下痢でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

便秘・下痢の原因となる疾患

大腸がん・前がん病変である大腸ポリープ、慢性的な炎症疾患で難病指定されている潰瘍性大腸炎・クローン病、膵炎や膵臓がんなど、早急な治療が必要な消化器疾患が原因ではないかを確かめることが重要です。なお、吐き気や嘔吐、血便、黒っぽい便、発熱などがともなう場合には、緊急な処置が必要な場合もありますので、できるだけ早く受診してください。

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群下痢や便秘といった便通異常を慢性的に起こしますが、炎症などの病変がなく、機能的な問題で症状を起こしていると考えられています。症状によって、急激な腹痛と激しい下痢を起こす下痢型、慢性的な便秘と腹痛を起こす便秘型、下痢と便秘を繰り返す混合型、膨満感などが現れるその他のタイプに分けられます。消化器の機能は自律神経によってコントロールされているため、緊張などのストレスをきっかけに症状を起こすことがあります。日常生活に支障を生じることもありますので、早めにご相談ください。

便秘・下痢の診断と治療

大腸内視鏡検査深刻な病気が隠れていないかを確かめ、原因を見極めるために必要な検査を行います。特に大腸内視鏡検査では、粘膜の状態を直接確認できますし、疑わしい部分の組織を採取できますので、病理検査が可能です。幅広い大腸疾患の確定診断や状態の正確な把握ができますので、より適切な治療につなげることができます。

大腸カメラ検査はこちら

TOPへ